STEP1 成功するオウンドメディアの戦略設計

更新日:

資料をダウンロードしてください

資料をダウンロードしたら、下記動画をみて戦略設計の流れを確認してください。

メディア戦略設計の流れ

大体の流れは確認できましたか?

1、オウンドメディアのゴールを設定する
2、書店でマーケティングする
3、ライバルサイトをチェックする
4、マインドマップでメディアを設計する

という流れで、マインドマップを作成していきます。
続いて、「オウンドメディアを通して何につなげるか?」というゴールを設定します。

オウンドメディアのゴール設定

以下のいずれかのパターンが、オウンドメディアで結果を出しやすいパターンです。

■アフィリエイト
■自社商品・サービス販売
■リストマーケティング
■アドセンス

ゴールを設定したら、
書店に足を運んでいただき、自分のオウンドメディアのイメージに近い
「雑誌」をマーケティングしましょう。

 

書店でマーケティングする

近年Googleは、
専門性・権威性・信頼をSEOの判断基準として
見極めるようになってきたという背景があり、
特化型メディアであればその専門性や権威性が確保されると考えています。

つきましては現在、バラバラと様々なカテゴリーの記事を書くのではなく
1つのカテゴリーから固めるようにしていくことを推奨しています。

その方がメディアの専門性も出ますし、
記事の関連度も高まり、ユーザーの回遊率も高くなると考えられるためです。

もしくは、
細かいジャンルの特化型メディアも有効になってきています。

特化型メディアのやり方としては、
キーワードプランナーで月間検索ボリュームが
10万ぐらいのものをジャンルとしてメディアを始めるのも良いと思います。

例)
「レシピ」=検索ボリューム11万
「ゲームアプリ」=検索ボリューム9万

また、10万以上の検索ボリュームがあるジャンルの場合は
10万ぐらいのジャンルまで絞って行きましょう。


「ダイエット」=検索ボリューム55万

「ダイエット 食事」=検索ボリューム6.6万

 

書店で自分の目指すオウンドメディアのイメージができたら、
インターネット上に、同じようなジャンルで運営している、ライバルサイトを探します。

2017年12月6日 医療や健康に関連するアップデートについて
Googleのアップデートにより医療、健康系ジャンルの検索結果が
大きく変わっている状況を確認しています。GoogleがYMYL(your money your life)という
お金や生活(身体的、経済的、安全性など)に関する検索に対して、特に信頼性の高い情報を出せるように取り組んでいる一環です。つきましては医療、健康系のジャンルについては、専門性・権威性が担保できる方以外は
今後取り組むことは避けた方が良いと考えています。併せて、お金系ジャンルの中で投資系に関しても
専門性・権威性が問われ始めていますので、
これらを担保できないのであれば、避けるのが無難でしょう。ダイエットなど美容に関わる案件ですが、
GoogleのYMYLに引っかかりやすい案件でもあるので、
SEOの観点から下記1~6のキーワードを記事に載せる際は、
以下の作業を行ってください。1,医療行為名やそれに近いキーワード
2,◯◯+痛み、腫れなどの治療が必要そうな状態を指すもの
3,病名 ・症状名これら1~3は医療に関わる事になるため、権威性や専門性が無いと
SEO上位はほぼ厳しいですが、SEO上位10サイト内に
アフィリエイトリンクがあれば
記事内に書いてチャレンジしてみてください。

4,◯◯+サプリ(飲んで効果が期待できるもの)
5,成分名
6,〇〇+合わない

4~6については、SEO上位10サイト内に
アフィリエイトリンクがあれば、
記事にしてみてください。

ライバルサイトをチェックする

・オールアバウトのガイドサイト一覧(2018年10月作成)をチェックする
https://corp.allabout.co.jp/files/2018/10/guidesite_PV1.pdf

・自分がお客さんになったつもりで検索し、でてきたサイトをチェックする
https://www.google.co.jp/
https://www.yahoo.co.jp/

上記ででてきたサイトをsimilarwebでチェックする。
https://www.similarweb.com/

以上の流れで、オウンドメディアのイメージが固まってきたら、
いよいよマインドマップを作成していきます。

マインドマップでメディアを設計する

▼参考
マインドマップテンプレート
https://www.mindmeister.com/579297175?t=Gmqh8uXRXr

【おすすめのマインドマップサービス】
■MindMeister|500万超ユーザーのクラウド型マインドマップツール
http://mindmeister.jp/

こちらのマインドマップのサービスは、
インターネット上でいつでも閲覧・修正が可能な無料サービスです。

仲間と共有することもできるのでおすすめです。

■ゴールデンサークルについて
(サイモン・シネック:優れたリーダーはどうやって行動を促すか)
https://goo.gl/L5JC96

記事数の最低目標数値


上記はあくまで「最低数値」になります。

前期でより結果出した人は、それこそ最初の半年は
「2日に1記事」「毎日1記事」書いていました。

ただ、アクセスが一度伸び1年たった今は、
「1ヶ月に1〜3記事くらいしか書いてません」といった状況になっています。

最初の半年間頑張れば、こういった状況に持っていける可能性があるので、
ぜひ継続してください。

今までのOMCではジャンルは広く取りにいってWeb版の総合雑誌を目指そうと
お話させていただきましたが

昨今、メディアジャンルはある程度深く狭くないと
Google EATに該当できずになかなかSEOで上がらない可能性もあります。

Google “E-A-T” 解説と攻略/「高品質なコンテンツ」と認められるには
https://seopack.jp/seoblog/20160407-qc-1-eat/

※ライティングについての部分も含まれていますが、STEP4で再度ご案内致します

Copyright© Kalak , 2019 All Rights Reserved.